SEO
loading
さつきねこの戯言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
OCって知ってる?心と身体のために「Let's 婦人科!」
OC」とは低容量ピルのこと

ピルって聞いて「え!?」って拒否反応を示す人もいるかも知れない
避妊がラクだから」と安易に服用してる人もいるかも知れない
婦人科に行かないと処方してもらえないし、やっぱり女医さんの方が安心できると思ってる人も多いだろう

まだ口コミレベルでしか知られてない「OC」

OCを詳しく教えてくれるのが
「OC FOR ME」の「Let's 産婦人科」
OC1パブログ


OC(ピル)の魅力として一番思いつくのは
「正しく服用すればほぼ100%避妊可能!」
だろう
この思い込みで安易な行動に走り、確かに妊娠はしないだろうけど様々な病気を貰ってしまったり余計に自分自身の身体や心を壊してしまうことになる

日本で今、HIV罹患者(俗称エイズ)が着実に広まってる事実を知ってますか?

病気に対する知識や予防は女性・男性ともしっかりと身に付けて軽はずみな行為や相手を思いやる(一時的な関係でもね(笑)気持ちと行動をもってほしい

遊ぶな!(特に特定のパートナーがいる場合)って言ってるわけじゃないよ|゚Д゚)))コソーリ!!!!

遊びから真剣なお付き合いになることもあるし、腐れ縁切る新しい出会いかもしれないし(オイオイ)やっぱたまには生き抜きもしたいだろうし~(=^‥^A あせあせ・・・

まぁ遊びまくってたさつにはなんともコメントしがたいコトですがヾ(=^‥^=)ノ ニャハハッ

OC(ピル)を必要とする次の理由に
「月経周期を調整できる」

女同士で温泉旅行を計画してたらちょうど真っ最中にぶつかるコトを思いだし、初めてピルを使ってみました(10数年前だからまだOCじゃなかったなぁ)

正当(?)な理由があったんで、ためらいもなく堂々と気にしないで婦人科に行って処方してもらいましたが(笑)

女医さんだろうが男性医師だろうが(男医って言葉は無いのね・・・)だろうがあたしゃ気にせず平気で行ってましたなぁ


意外なOCの効果が色んな分野で報告されてる

・月経痛が軽くなる(精神的にもラクなるよね)
・経血量が減って、貧血状態も改善(経血量も安定するんだな)
・ニキビがよくなる!(ホルモンバランスが安定するからかな?)
・長く飲み続けると、卵巣がん・子宮体がん・乳房良性疾患のリスクが減る(そんな効果まで!?ちょっとまださつ的には疑問だけど)
・ 子宮内膜症になりにくくなる&悪化を防ぐ(こればっかりは自己判断できないからちゃんと内診してもらうように)
・ 骨粗しょう症になりにくくなる(老化予防か・・・)
・ 女性に多い関節リウマチを予防(リウマチとどう関係があるんだろ?)


と様々な避妊以外でも色んなメリットがあるOC

でもやっぱり婦人科の敷居は高い・・・
と悩んでいるアナタ!

まずはここを見て体験談を読んでみましょう
3.gif   OC2パブログ

はい、お勉強なりましたか?
次は近くに信頼できそうなお医者さんがいるかチェック
OC4パブログ

まだ出来たてサイトなので参加されてるクリニックが少なく、検索にひっかからないかもだけど、このサイト見て少しでも多くの人が婦人科に対する恥ずかしいからって気持ちを改めてもらえれば、と

パートナードクターは相性もあるしネット検索だけじゃなかなか見つかりません(キッパリ!

かと行って口コミで行っても実際自分の性格と先生との相性が合うかどうかも判りません

例えばあそこの病院だと風邪がすぐに良くなる

医療機関に長いこといると「すぐによくなる」ってのに反対に抵抗がある
それだけ大量に薬出してるのかな?とか

患者の訴えに合わせた薬を全種類出す先生
これは確かに早く治るしいい先生と思うよね

でもたくさん薬ある分、副作用のリスクがそれだけ高まるってことを知ってほしい
たくさん薬出されたらたとえ副作用が何か出てもどの薬が原因なのかわからなくなることもあるし(コレが原因なんかなぁって曖昧なコトはよくある)

反対に最低限しか薬を出さない先生もいる
その先生は過度に薬を出しすぎて(特に抗生物質)薬に対する耐性を付けすぎて薬が効かなくなることを危惧してる
副作用や薬による内臓への負担を少しでも減らしたい
自分の体内の免疫力を高めるため


はい、どっちがいい先生だと思いますか?


ちょっと前に問題になったSARS(重症急性呼吸器症候群)が蔓延した理由の一つに既知のあらゆる抗生物質が効かない(すでにその抗生物質を飲みすぎて耐性がついてしまっている)ってのがあるそうですよ


なんかOCと話がズレてきてるぞ(-"-;)

モトに戻さねば・・・

「Let's 婦人科!」で正しい基礎知識や色んな情報を仕入れ、検索できれば参加されているクリニックさんに足を運んでみて自分が思った疑問を先生に相談してみればいいし、近くに参加クリニックがなければネット検索でもして近くのクリニックを探してさらに口コミ情報を調べたり直接電話してみて応対の良さをチェックしてみたり(ストーカー並ですな・・・)
電話は顔が見えない分、しっかりと親身になった応対をできるクリニックは多分先生もいい人だろうしね
(電話応対する受付や事務への教育をちゃんとしてるんだろうしね)

あまり日常的な会話でも話題に上らないOC

これを機会に自分自身のためにも・パートナーのためにも・老後のためにもお勉強してみましょう
スポンサーサイト
【2007/06/08 15:12】 分類できなry・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<D'ERLANGER KIDSBLUE FC速報すぎるメール・・・ | ホーム | 新築マンション・一戸建ての探し方>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://satsukineko.blog74.fc2.com/tb.php/185-491e0dd9
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。